スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

1年生のひらがな学習 書き方のコツ

うちの1年生の次男は今毎日ひらがなの宿題が出ています。

ひらがな1文字が裏と表にあるプリントで、
同じひらがながずーっと並んでいるのを見ると
なんか違うんだけどどこが違うのかだんだん判らなくなってきます。

ひらがな

ちなみにこれだけ直されました…。

ひらがな消して赤字をなぞって再提出したもの


そんなときに役立つひらがなの書き方のコツが判る本です。
私もブロ友さんの紹介記事で知って昨日買ったばかりなのですが、本当によさそう~♪


なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳


【送料無料】なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳 [ 桂聖 ]


子どもが書くときにも
大人が子どもにアドバイスするときにも
とても判りやすいひらがなの書き方のコツが載っています。

中身はこんな感じ。

ひらがなのコツ

この前のページにあるステップ1ではただ見本の字を見て指でなぞり下のマスに書きます。

タイトルのなぞらない、というのは
あの薄い灰色の線の上からなぞって書く「なぞり書き」をしない、ということで
最初は見本を指でなぞるところから。

この本では「なぞり書き」よりも見本を見て書く「写し書き」をオススメしていて、
その見本の見方、どこがそのひらがなのポイントなのかを子どもにもわかりやすく書かれています。

ステップ2はかわいい小人さんのストーリー仕立て。

ひらがなのコツ

子供たちが思わずなぞりたくなっちゃうでしょ?
人に注意されるのが大嫌いなガンコな次男が自分から指でなぞってました。

それを大人にも判りやすく論理的にしたのがステップ3。

ひらがなのコツ

この線はどの方向にいくのか、
ノートにあるリーダー線のどこにこの部分がくるとバランスがいいのか。


とても判りやすいし、教えやすいアドバイスです。


ちなみに小学校で出たプリントの先頭にも書いてある見本と
この本の見本です。

ひらがなのコツひらがなのコツ

見ただけでどこにどの線をどういう風にひけばいいのか判りやすいでしょ?


この練習帳自体にはそんなに練習するところはなくて
巻末にコピーして使える46文字の練習ページがついています。

最後に超かわいい「お」。

ひらがなのコツ


楽天市場でなぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳を探してみるならこちら
Amazonでなぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳を探してみるならこちら




関連記事
スポンサーサイト
入学・入園準備品 | [2013-05-23(Thu) 23:14:57] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

逆上がりのコツ

本日小学校で逆上がり教室がありまして、
小4の長男(運動音痴)と参加してきました。

市の児童生徒体力向上推進委員会、主催だそうで
今まではなかったと思うんだけど今年から出来たのかな。

腕の力が弱いうえに今年体重が一気に増えた長男は
残念ながら2時間で逆上がりをすることは出来ませんでしたが。・゚・(ノД`)・゚・。
逆上がりのコツを習ったので忘れないうちに書いておきます。



逆上がりのコツ


ポイント1 足を鉄棒に向って振り上げる

振り上げ足の太ももを鉄棒に乗せる感じで行う。
頭上に蹴り上げた足を後方へ、小さな弧を描くように回転する。


ポイント2 最初に鉄棒にくっつくのは太もものつけ根

太もものつけ根から鉄棒にくっつける。
腕が伸びないようにひじを途中まで曲げる。


ポイント3 最後の1歩をやや広め

助走は2歩。
最後の一歩はやや広めにして体を斜めに後ろに倒れやすくする。

ポイント4 鉄棒の真下より一足分先で踏み切る

踏み切りは鉄棒方向に向かって戻ってくるような感じで踏み切る。

ポイント5 回るときはつま先を見る

あごを引くので回転しやすくなる。
足を揃えたあとは胸を張る。


コーチがついての逆上がり教室ということで
てっきり逆上がり練習器(なんていうの?あのカーブした板を駆け上っていくやつ)や
くるりんベルト(東京教育技術研究所)を使うのがメインかと思ったら
もっともっと基礎的なところからでした。


まずは鉄棒にぶら下がってだんごむし

逆上がりのコツ


鉄棒に両腕をひきつけてぶら下がるだんご虫
出来ない子はここで腕が伸びてしまって体にひきつけられないのね。


次にジャングルジムで逆上がり

逆上がりのコツ


ジャングルジムの横棒を持って足は開いて下の段のわきの棒に乗せます。
次に斜め上の棒に足置き場を移動させ、最後に持ち手の真上の棒まで足を掛けられたらくるんと回ります。

大柄になってくると頭がぶつかりそう、という恐怖感はあるんですが
足を乗せていけるのでいいようです。


登り棒で逆上がり

逆上がりのコツ


登り棒といえば両手、両足を使って上に上がっていくあのまっすぐの棒ですが、
これでどうやって逆上がりを!と思ったら、できるものですね~∑(゚ω゚ノ)ノ

両手で1本ずつ胸の高さで登り棒を握ります。
補助者が「ここまで足を上げてごらん~」と手を出したところを足先でキックヽ(#゚Д゚)ノ┌┛
だんだん差し出す手を頭の真上していきます。

ここで回れたらもう逆上がりできちゃうんじゃないの~と思うほどですが。

まずは腕の力をつける、腕を体にひきつける、
体を回る感覚を身につけることが大事なようです。


その後でくるりんベルトや補助器具を使って、
そして器具なし補助者つき、
補助者なし、とレベルアップしていました。


2時間の教室はね~出来る子はコツをつかんで最初の30分で出来るようになるという感じで。
そりゃ~1時間もたったら疲れちゃってもう出来ないだろうさ(;^ω^)

教えてもらったコツと方法で毎日10分練習するのが逆上がりへの近道かな。

今年から逆上がりが必修になるんだとか。
がんばっていきましょう!































関連記事
習い事 | [2012-10-13(Sat) 22:02:18] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 2人目ママの これ 買ってよかった? All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。