まちかど情報室で紹介された災害時に役立つアイテム

東日本大震災から1年ということで
NHKニュース、まちかど情報室で災害時に役立つのもがいくつか紹介されていました。

1年前はいつでも持ち出せるように玄関に置いていた非常用持ち出し袋も
いつのまにか押入れの中にしまっていました。

この機会にもう一度非常用持ち出し袋の中を点検するといいかもしれませんね。



非常用防災リビングクッション


日頃リビングに置いてるクッションがいざという時に非常用持ち出し袋になります。

40×40センチ程度の大きさの厚手の布で出来たクッション。

横についているファスナーを外し、かぶると防災頭巾に早変わりします。
表生地は燃えにくい素材で、クッションの裏地には中綿が入りです。

3方向のファスナーを全部広げるとやわらかいベンチシートになります。

クッションの中には大きめの毛布が入っています。

中にはラジオなど非常時に必要な小物を入れておくことが出来ます。

肩ひも付きで、そのまま非常用のバッグとして持ち出すことが出来ます。





ライフウォーターバック


災害時に重宝する、水を背負って運ぶことが出来る袋です。

袋の四隅の穴に紐を通すことでリュックとして背負えます。
5リットルの水が一度に運べます。

持ち出し袋に中に畳んでしまっておけるうえに
水を運ぶときに両手が空きますので、とても優れた製品だと思います。






お米の国から炊きたてご飯


従来の非常食は炊飯したご飯を温めるパックのものや
炊飯後のお米を乾燥させたもの(アルファー米というやつですね)をふやかすというものでした。

この炊きたてご飯は
特殊な加工をしたお米を工夫をこらした発熱材で実際に炊きあげます。

2年間の保存が可能です。

袋炊きセットの場合 

袋で炊く簡易セットです

炊飯袋に白米と炊き込みご飯のもとを入れます。
加熱剤を仕込んだ一回り大きい加熱袋に炊飯袋を入れて、
水を加えて約25分、炊きたての釜飯風のご飯が仕上がります。

容器炊きセットの場合

加熱容器で温めて、加熱容器はそのまま食器になります。








関連記事
スポンサーサイト
その他 | [2012-03-10(Sat) 10:55:11] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 2人目ママの これ 買ってよかった? All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*